遺品整理生前整理について詳しく解説しています。

遺品整理は大変?生前整理の方がいいの?

死後に行われる遺品整理では、相続に関するトラブルが発生したり、重要な契約書が見つからなかったりと遺族に大変な手間とストレスがかかってしまいます。そうならないために、少しずつ生前整理を始めましょう。自分にもメリットがあるんですよ。

遺品整理と生前整理の違いとは

遺品整理と生前整理の違いとは

ここ数年で「終活」という言葉はすっかり一般的になりました。「ものを減らしていこう」「エンディングノートを用意しよう」などさまざまな提案がされますが、そこでよく出てくるのが「生前整理」。遺品整理と似ていますが、なにが違うのでしょうか?

遺品整理 生前整理
死後 いつ 生前
他人(親族など含む) 誰が 自分
相続や賃貸契約などで決まっていることがある 期限 特になし
不用品の処分や遺品の形見分け、相続手続き、不動産処理など 何をするか 必要なものとそうでないものの分別や、財産・相続についてエンディングノート・遺言書をのこす
ない 時間的余裕 ある

生前整理は「自分の死後、遺族同士のトラブルが起きたり困ったりすることのないように行っておく」ものです。本人が行うため、何がどこにあるのか、保険の契約・銀行口座はどうなっているのか、重要なものとそうでないものが簡単に判断できますね。

一方で遺品整理は、「故人のものを家族や親族を含む他人が情報のない中で処理する」ものです。肉親であっても、他人の持ち物を整理するというのは難しく、スムーズには進みません。

遺品整理と生前整理では、遺品整理の方が圧倒的に大変なんです。

生前整理のすすめ~生前整理のメリット

生前整理のすすめ~生前整理のメリット

生前整理をしておくと、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

自分にとってのメリット
安全で快適な暮らしができる
不用品が多いと家の中での転倒事故につながったり、探し物が見つからなかったりしてしまいます。また高いところにあるものなど、足腰が弱ってからだと取り出すことが難しいものもあります。
残りの人生を前向きに生きるきっかけになる
写真など過去を振り返ることで、これから自分がチャレンジしたいものが見えてくることも。
遺族にとってのメリット
自分の死後、遺品整理を業者に頼んだ時に料金を低く抑えられる
荷物の量が多いほど費用は高くなってしまいます。
相続や契約に関するトラブルが減る
自分の財産とその分配についてエンディングノートや遺言書として残すことで、相続に関するトラブルを減らせます。また保険の契約や所持する銀行口座などを記録しておくことで、遺族が契約関係などスムーズに手続きできるようになります。

生前整理の手順とポイント

生前整理の手順とポイント

「少しずつ生前整理を始めよう」と思ったら、以下の手順やポイントを参考に進めてみてください。

①物の仕分け
「必要なもの」と「処分するもの」、「保留するもの」の3種類に分ける。保留するものは保留期限を設け、なるべく少なくすることがポイント。
②使っていないものは処分対象に
判断に迷って保留にしてしまったものでも、2年着ていない洋服や、2つ以上ある同じようなものなど長年使っていないものであれば処分する。価値のありそうなものは友人に譲ったり、リサイクルショップでの売却だったりが可能。
③思い出も仕分け
物を仕分けていく中で出てきた写真や制服といった思い出の品は、「ダンボール1箱分」などの基準を決め、残りは写真に撮るなどして処分する。
④整理したものはリストを作成
「必要」に仕分けしたものや貴重品、契約に関する書類などはまとめて「財産目録」としてリスト化しておく。しまってある場所や亡くなった後の処分方法も記録。重要書類などは特に1か所にまとめておくと、必要になった時にすぐに取り出せる。
⑤遺言書やエンディングノートを準備
決められた形式で書くことで法的効力をもつ遺言書や、強制力はなくても自分の思いを伝えられるエンディングノートを作成しておくと、遺族が相続などのトラブルで揉めることを防げる。
⑥インターネット上のデータも忘れずに整理
ネット証券のアカウントや通販サイトに登録したクレジットカード情報など、使用しないものは削除を。それ以外はサイト名やアカウント名、パスワードなどをエンディングノートに記録しておく。死後にこれらを放置していると、「デジタル遺品」となって情報が悪用されてしまう危険性も。

生前整理は、遺品整理業者に依頼することもできます。

自分だけで行うことが難しい場合には、こちらも検討してみましょう。

遺品整理キズナリライフ

関連記事

ページのトップへ