遺品整理業者と不要品回収業者の違いについて詳しく解説しています。

遺品整理業者と不要品回収豪奢って
どこが違うの?

遺品整理についてネットで検索すると、検索する言葉によっては不用品回収業者が出てくることがあります。「使わないものを処分する」という意味では似たようなものだと思うかもしれませんが、実は大きな違いが。それぞれの内容を理解して、今自分に必要な方を選ぶことが大切です。

遺品整理業者と不用品回収業者の違いとは

遺品整理業者と不用品回収業者の違いとは

この2つは、似て非なるもの。何が違うのか、具体的に見てみましょう。

遺品整理業者 不用品回収業者
整理対象物に対する考え方 遺品 不用品
作業の進め方 丁寧 効率的
整理(仕分け)の仕方 遺品として残すもの(遺族にとって思い出となるもの)と処分するものを整理。貴重品や必要書類も探してくれる。 価値のあるもの(売れるもの)と不用品(捨てるもの)という価値観で仕分ける
処分方法 供養が必要なものにも対応 ゴミとして処分
特殊清掃が必要な部屋への立ち入り 可能 不可能
法律の専門家への相談 可能 不可能
依頼前にしておくこと 特になし 「遺品(残したいもの)」と「貴重品や重要書類」と「不用品(捨てるもの)」の仕分け

決して不用品回収業者が良くないと言っているわけではありません。ですが、上記の表を見る限り、遺品整理を行う場合には遺品整理業者に依頼する方が良いでしょう。

逆に、生前整理などですでに不用品の仕分けが済んでいる場合には、不用品回収業者に依頼したほうが効率的かつお得に回収してもらえます。

またそもそもの問題として、遺品には相続人がいるため、勝手に処分することはできないのです。

遺品整理専門業者に依頼したほうが良い場合は?

遺品整理専門業者に依頼したほうが良い場合は?

前項の表から考えると、以下のような人は遺品整理専門業者に依頼したほうがいいと言えます。

  • 何から手を付ければいいのかわからない人
  • 品物を遺品として丁寧に扱ってほしい人
  • 貴重品や契約書など、大事なものを遺品の中から探してほしい人
  • 思い出の品や人形、位牌などの処分方法について聞きたい人
  • 自分で遺品整理を行う時間がない人
  • 遺産相続や不動産に関することも相談したい人
  • 故人の部屋の特殊清掃を行ってほしい人

これらは不用品回収業者では対応できないことの多い内容です。

特殊清掃が不要で、遺品がすべて不用品だけになっている場合には不用品回収業者の方が低コストで利用できますが、故人の遺品をこれから整理するなら遺品整理業者が一番適しているのです。

また遺品ではありませんが、自分が生きているうちに早めに生前整理したい、という場合も遺品整理業者が良いでしょう。

遺品整理を不用品回収業者に頼んで失敗した例

遺品整理を不用品回収業者に頼んで失敗した例

遺品の整理ではあるものの、つい値段の安さに惹かれて不用品回収業者を検討してしまうことがあるかもしれませんね。

ここでは遺品整理を不用品回収業者に依頼して失敗してしまった、という例をご紹介します。

遺品をもう少し丁寧に扱ってほしかった
不用品回収業者にとって、遺品=不用品のため、扱いが雑に見えることがあります。
貴重品や必要な書類が処分されてしまった
不用品回収業者は、多くの遺品の中から貴重品を探し出すことには慣れていません。契約書や通帳などは処分されてしまうことがあります。
相続や不動産について自分で相談先を探すのが大変だった。
遺品整理業者の中には弁護士や司法書士、不動産業者との連携を行っているところがあるため、悩みを相談できますが、不用品回収業者ではこれらのサービスはありません。
特殊清掃になるのでできないと断られてしまった
遺品整理の中には専用の道具を使う特殊清掃が必要なケースもあります。不用品回収業者は特殊清掃を行うことができません。

基本的に不用品回収業者は「いらないもの(=ゴミ)を回収」してくれる業者です。故人の遺品をトラブルなく丁寧に整理したいのなら、遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

遺品整理キズナリライフ

関連記事

ページのトップへ